おせちのいわれも確かめながら食べる

年の始まりである元旦に準備をして家族や親戚などで供に食事をするのがおせちです。

以前は年末に調理をして重箱に詰めておくという光景が広く見られました。それにともない年末には必要となる食材が豊かにお店を彩り、季節の移り変わりを表現してくれていました。

しかしやがて核家族化や忙しさの中においては、すでに完成したおせちを取り寄せるということが増えてきています。それぞれの家庭の味や地域性を楽しむというよりも、取り寄せることで年末の慌ただしさから解放されますし、元旦だから多少贅沢をしてでも美味しいものを食べたいという傾向が強まっています。

ところで、自宅でおせちを作っていた当時でも、なぜこれほどたくさんの種類を準備しなくてはいけないのかを十分に理解できていなかった方もおられるかもしれません。もしかすると伝統行事だからと思い込んでいたり、豊富な栄養分をとる手段だと感じているかもしれません。

取り寄せるようになるとできた料理を食べることになると、その場をしのぐことになるので、いわれにはあまり関心が向かなくなってしまいます。しかしせっかく元旦という家族がそろい、ゆっくりとした時間を過ごすことができるのなら、おせちの料理ひとつひとつの言われにといても話し合ってみましょう。

おせちには料理ひとつひとつにお祝い事や願い事の意味が込められています。子供がいるのならその意味合いを伝えながら食事をじっくりと味わうといいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です