おせち料理に新しい材料を使ってみよう

昔ながらのおせち料理を家族みんなで一年に一回食べることは、お正月だなという気持ちになれて良いものではありますが、毎年食べている料理だと飽きてきてしまうかもしれませんね。

また、おせち料理というのはとても手間のかかるものが多いので、きちんと準備しようとすればかなりの時間が必要です。昔は家に女手も多かったものですが、今は主婦一人ですべてをしなければいけない家庭も多いことでしょうから大変です。

年末ぎりぎりまで仕事をしている方であればなおさらしっかりとしたおせち料理を自分で調理するのは至難の業です。しかし最近では、おせち料理に新しい材料を取り入れて、もっと簡単で手軽に作ることができる料理を組み入れている方も多いようです。

また、栗きんとんや黒豆などの手間のかかる料理は部分的に通販サイトなどで購入することも可能です。伝統的な料理の中に、新しいメニューを取り入れることで、より一層美味しくてバリエーション豊かなおせち料理が出来上がることでしょう。

和食のあっさりした味ばかりでも飽きてしまうと思うので、少しこってり目の洋風メニューを取り入れるのもいいですね。生ハムやオリーブ、チーズやローストビーフなどの昔は無かった食材を上手に付け加えることで、大人から子供まで家族みんなが満足できて楽しい食事が出来ることでしょう。

年末年始の忙しい時だからこそ、効率的でお手軽に、しかも美味しい料理を準備していけたらいいですよね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です