おせち料理の意味は?

おせち料理といえば、お正月の楽しみの一つと言えるでしょう。

おせちはお雑煮などと一緒に「祝い膳」としておめでたい時に食べる料理です。好きなものを詰めるのではなく、お正月ならではの沢山の料理を食べられるのは嬉しいですよね。見た目の華やかさもお正月らしさを演出していて良いですよね。

その一つ一つの料理には縁起の良い意味が込められています。なんとなく知っていても、全てを答えるというのは簡単ではないでしょう。日本の伝統として親から子へ繋いでいくためにも、知っておきましょう。まずおせち料理は重箱に入っています。

それは「おめでたい事を重ねる」という意味です。基本的には四段重ねになっていますが、四段目のお重は「与の重」と呼びます。四という字を使わないのは「死」を連想させて縁起が悪いからです。

地域やご家庭によって異なりますが、代表的な詰め方は一の重には黒豆や数の子などの祝い肴を入れます。二の重には伊達巻やきんとんのような甘い料理を主に詰めています。三の重には海の幸を中心に、与の重は野菜や煮物といった山の幸を入れるのが一般的とされているのです。

また一つ一つの料理にも意味があります。黒豆は「まめに働きまめに暮らせるように」数の子は「沢山の卵で子孫繁栄」昆布巻きは「よろこぶ」という語呂合わせから祝いの場には昆布が欠かせないものとなりました。きんとんは「金団」と書くことから、富(お金)を得るという意味になっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です