おせち料理の豆知識!

一般的に「おせち」の名で知られていますがその正式名称はお節供「おせちく」の略でその年の始まりにその年の方策を願って食べる料理や武家の祝いの膳、あるいは新年を祝う庶民料理などさまざまな種類の料理が混ざりあがってできたものを意味します。

また、近年では正月三が日位主婦を家事から解放してあげようという思いを込められた結果保存しやすい食材が中心に構成されているのがその特徴と言えます。更に、主婦への負担軽減だけでなくお正月に「火」を使うことをできるだけ避けるという物忌みの意味を込めて生まれた存在という説もあります。

そんなさまざまな意味を込められた存在であるおせち料理は、近年の家族の在り方とともにその姿を変えつつありますが基本的に重箱に詰めるのが一般的です。正式には「四段重ね」とし一の重、二の重、三の重、与の重と呼ばれます。

なお、この際四の段のお重を「四の重」とは呼びません。これは古来より日本では「四」が「死」を連想させるために避けられた結果と言われいます。しかし近年ではそのような感覚も、また本来の与の重まで積み重ねられた立派なおせち料理を実際に食したことがあるという方は少数かもしれません。

肝心の料理の組み合わせや詰め方については地域や家庭などによりそのしきたりは大きく異なり絶対的な決まりなどは一切存在しません。ただし基本的におせち料理に詰められている料理は1つ1つに長寿や健康、縁起物など意味が込められているものばかりです。ぜひ次食するときはその意味を意識しながら召し上がってみて下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です