お正月にはおせちを食べましょう

今ではお正月の伝統的なごちそうとなったおせちですが、そもそもおせちとは御節供(おせちく)を略したもので、お正月や五節句などに神に供える料理を指しています。

そこから年神様を迎えている間は物音を立ててはいけないとか、煮炊きを慎むべきなどの、古くからあるしきたりの名残から、日持ちのするものが作られるようになったのです。そんな伝統的ごちそうですが、時代を経て洗練された味や形、地方によって異なる様々な料理があります。

現在は日持ちのするものだけではなく、生ものやシンプルなものなど多種多様な料理が見られますが、ここでは基本的なおせちを紹介します。まずは、お正月のめでたさを満喫するための、とりわけ縁起の良い、黒豆や数の子、田作りなどの祝い肴です。

長寿と健康、五穀豊穣を願って、おとそや御神酒などに添える祝い肴として江戸時代には定着していたようです。「あけましておめでとうございます」と縁起が良くなるようにと願いを込めていただきます。そして、主となるのは、色々な味を縁起を担いで重箱に詰め込んだ三段重です。

一の重は紅白かまぼこや栗きんとん、伊達巻きなどの口取りといわれる甘い物を主に詰め合わせます。二の重は松風焼きや鯛や海老の焼き物、そこに相性の良い紅白なますなどの酢の物を取り合わせます。

そして、三の重はうま煮や飾り切りされた人参や蓮根の煮しめ、昆布巻きなどの煮物を詰め合わせます。一年の幸せを願って、家族そろって祝いのおせちを食べてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です